2011年01月29日

自賠責保険料が変わります。

既にニュースなどでご存知の方も多いと思いますが、保険期間が23年4月1日以降の契約の自賠責保険料が値上げされます。

これまで、保険料の運用益が多くあったため、値下げされていたのですが、当初予定していた折も早くそれを食いつぶすことになったようで、平成25年度に一気に元の保険料に戻る予定だったものを前倒しし、段階的に元に戻すということになったようです。

と、言うことは、25年にもう一度保険料が上がるということです。この際ですから、前もって心の準備を。

今回の改定で、主な車両の保険料は以下のように変わります。

                  現 行     新保険料
自家用乗用車  (24ヶ月) 22470   24950
軽自動車     (24ヶ月) 18980   21970
自家用小型貨物(12ヶ月)  12250   14190
小型2輪      (24ヶ月)  13400   14110
原付        (36ヶ月) 10580   11520


値上げというと、このご時世、みなさん過敏に反応すると思いますが、いたしかたないというところもあります。

そもそも自賠責保険は、公道を使用する車両すべてに義務付けられている国の保険です。
保険会社の保険とは違い、利益を追求しません。

つまり、必要以上にお金をプールできない仕組みになっています。

事故などでけがをしたり、死亡したりした時にその保険金から支払われます。


ですから、支払われる金額が増えればプールしているお金が減りますから、保険料は上がります。

逆にいえば、事故がなくなり、保険金の払い出しが少なくなれば、保険料が下がるということです。


みんなが法令順守し、マナー良く運転すれば、道路を使えば、事故も減り、保険のことだけを言えば、少なくとも今より安くなり、家計の負担も少なくなります。
posted by とし at 12:18| Comment(0) | お知らせ

2011年01月23日

み、水が…

昨日のこと。

朝仕事場に来てみると、水道が出ない。

水を少し出していたのに、それでも凍る!?

ま~仕方がないので、そのまま待つころに。

昼過ぎ。まだ出ていない。なぜ?

さすがにおかしいと思い、他の水道や、トイレも確認。

するとどれも全く出ない。


そこでやった気付いた。断水だ。


ウチの店は井戸水を使用しているので、数ヶ月前から、ポンプの動きがおかしくなり、様子を見ながら使っていたから、おそらく故障だろう。

すぐに管理会社へ電話する。

すると、業者も休みで、確認に行くのが月曜で、そこから部品の手配ということで、水のない生活を強いられることに。


CIMG1789.JPGとはいえ、手も洗えないのは困るので、緊急災害用に確保しておいた水タンクで家から水を50リットルほどとりあえず運んだ。

ちょっとしたアウトドア?生活。




CIMG1788.JPG汚れた手を洗うのは、手桶に汲んだ水で。








CIMG1787.JPG仕上げは、ポリタンクに蛇口を付け、流しのところに設置し、洗い流すことにした。


いや~何が起こるか分からないし、思いがけず役に立つものってあるもんだと思った。
posted by とし at 18:44| Comment(0) | 今日の出来事

2011年01月19日

ジュニアマウンテンカスタム Part2

前回は、子供に不評で、すぐに元の姿に戻ってしまったジュニアマウンテン。

今回、パナのマウンテンキャットを入手したのを機に、子供にそれを与え、残ったBSのジュニアマウンテンを自分の足代わりにするべく、また変態カスタムを敢行することに。

基本は、余っているパーツをできるだけ盛り込むこと。

前の姿はとばして、完成後の姿。
CIMG1783.JPG基本は、フロント20インチのファニーバイク化。

以前組んだホイールは、元に戻した際、すぐに手放し手元になかったので、新たに中古を購入。

どうやら、OLDが合わないようで、組み合わせて作り直した。

タイヤとチューブは、安い一般車用のものを新調。

クランクを長いものに変えているが、ハンドルを切った際、タイヤと足が当たるという不具合も解消。



CIMG1781.JPGブレーキキャリパーが当然届かないので、フォーク下に、ブレーキ用台座を延長した。

当然ながら、強度は安全面も考慮し、十分すぎるほどにしてある。

ブレーキシューは、ハンディバイク6についていたものを使用。




CIMG1782.JPGリヤブレーキは、バンドブレーキから、ローラーブレーキへ。

当然、スポークは組み直し。






CIMG1780.JPGライトも、ローラーが当たらなくなるので、取っ払って、ライトステーを利用し、マウントを製作、取付け。

無加工で、取り付けできるようにした。

LEDのライトも余りもの。

ちなみに、マウントの材料は、アイリスオオヤマ。




CIMG1774.JPGコンポも、全交換。もともと6速だったが、ミニベロレーサーを作った時に余った7速のものをそっくり移植した。

シフトケーブルは色味を合わせるつもりで、ゴールドに。






CIMG1777.JPGハンドル周り。

ステムのコンバ-ターを調達し、なんちゃってアヘッド化。

さらに、これまた調達したエクステンションでライズ。

ステムも、余ったものを使用。

ハンドルは、マウンテンキャットで使っていたもの。

グリップも、ミニベロの余りもの。

ブレーキレバーは、廃棄したママチャリからはずしておいたもの。




CIMG1778.JPG右側のグリップがレボシフト用だったので、ボタン式のシフターから、新調したレボシフターへ。

グリップエンドをくりぬき、余っていたバーエンドミラーを装着。






CIMG1776.JPGクランクは、もともと152mmの36Tが付いていたが、さすがにこれではきついので、ピクニカについていた165mm39Tに交換。

お気づきかと思うが、ピクニカはシングルで厚歯。

グラインダーで歯を削り落し、ナローチェーン用に加工。

BBは、もともとのものはもはや使用に耐えるものではないので、どうするかと思案していた時、マウンテンキャットのために新車はずしのクランクを買ったときにおまけでくれたカートリッジBBがあるのを思い出した。

長さを測ってみると、そのために用意したかのように同じサイズだった。

迷わず、交換。思いがけずグレードアップ。




CIMG1779.JPGシートポストは、子供にも使わせていたが、ロングタイプに変更済み。

シートは、子供のマウンテンキャットに移植したので、ミニベロの余ったシートを装着。

これで、街中の散歩程度は十分にこなせる大人が乗れるジュニアマウンテンになりました。


こんなことしながらイジるのを楽しんでいます。

今、ワンタッチピクニカをプチカスタム中で、部品待ちになっています。
posted by とし at 20:40| Comment(0) | 自転車

遂に完成

さまざまな問題をクリアしながら、ゆっくりと進行してきた、114のハイドラガスユニットのリビルトですが、やっと!完成いたしました。

1号は、もちろん私の114。何かあってはいけないので、テスト車両ということで。

CIMG1786.JPG長い間、馬をかけられ、足回りをばらされ、放置状態でも、頑張ってくれました。

まだ、外に出していませんので、ほこりまみれです。

















2号は、当店の常連さんでもあり、今では友人でもある、千葉の114GTiさんの114です。
CIMG1785.JPG

当然外観からでは、判別できません。

ですので、作業していて気付いた事を書きます。

まず、フルードを注入し、規定の車高になったときの圧力が、ガス抜けでダメになったユニットの時よりも減少しています。

ハイドロポンプの圧力計も、マニュアル通りの動きをしています。

これを見たときに、なおっていることを確信しました。

ガスが圧縮され、ボディを持ち上げているためで、圧が下がっている分当然ユニットに対する負担も減り、乗り心地も良くなります。

ボディを押しても、ほんわかする感じが分かります。


そういえば、新車の時ってこういう感じだったよな〜  などと思いだしながら一人でほくそ笑んでいました。



しかし、2台を比べると、結果に差があります。

おそらくは、私の114の車高が、基準値に20mmほど足りないこと。

そして、ショックアブソーバーが違うことが考えられます。

しかし、今回リビルトをし、ガスの再充填に必要な1Gのときのユニットのガス圧というのもデータが取れ、再充填の時に取り外さなくてもよくなります。

仮に今後ガス抜けが起こっても、再充填の際には、車上で、車高調整と同じように作業ができます。

そのように考えて作りましたから、ユニット本体がだめにならない限り、快適に乗り続けることができます。


実際に乗ってみて。

工場から道路に出るときの縁石をこえるだけで、違いが分かります。

加速してみます。ノーズを上げ気味に、でもリヤが踏ん張って進む感じは、まさに新車の時のそれ。

道路の細かいギャップもボディへの影響を最小限に通過します。

スラロームすると適度なロールと、しなやかなサスの動きが感じ取れ、運転がとても楽しくなります。



いざ、完成してできるのが分かると、欲が出ます。

ガスが充填できるということは、ガス圧、すなわち、ばねレートを自由にセッティングができるということです。

これは私にはとても魅力的で、自分のが再始動したときには、やってみたいと思います。
posted by とし at 19:56| Comment(1) | 今日の出来事

2011年01月17日

地域のコミュニティで、スポーツスタッキング

我がクラブも、市民活動サークルとして登録でき、より多くの皆さんに体験してもらうべく、機材も用意できました。

カップ35セット

マット&タイマー10セット


これで、子供会や自治会などでの催しでスポーツスタッキングを楽しんでもらえるようになります。

ぜひとも活用していただきたいと思います。


子供会役員様、自治会長様、遠慮なくご相談ください。

お知らせ

当店の古くからのお客様で、プロのカメラマン(夫婦2人とも)がいらっしゃいます。

宇都宮を中心に地元の各方面で活躍中の若手カメラマンです。

その方が、いよいよ写真展を開くことになりました。


日時:2/13(日)〜2/20(日)10:00〜19:00

場所:FM栃木(Radio Berry)イベントスペース

入場料は無料です。

なお、会場には駐車場がありませんので、近隣の駐車場をご利用ください。


CCI20110117_00000.JPG



私も子供たちを連れて、自転車で行こうと思います。
posted by とし at 17:47| Comment(0) | お知らせ

2011年01月12日

21世紀の車って…

お恥ずかしい話ですが、

さかのぼること年末・・・

某T社のミニバンのインジェクタークリーニングをしました。

不慣れな車種に、経験不足の私。

凡ミスで、コネクターのパッキンを破損しました。

新調してお客様にお返ししなくてはいけないので、すぐ業者へ手配。

年が明けて、すぐに部販へ問い合わせてもらったところ、なんと、部品供給設定なしエンジンハーネスそっくりのみとの返事が!?

そんな馬鹿な!?ありえない。

調べてもらうと、何とメーカー確認の、緊急供給のみとのこと。

すなわち、純正部品としての番号設定がない。

これにはさすがに驚いた。こういった細かいパーツは、作業中の不慮によって、破損、紛失してもおかしくないもの。

現行車なのに、それすら供給がない。


この流れで考えると、基本的にエンジンの周りは何事もするな、ということなのだろう。

今の車って、本当に何でもユニット交換で、整備士のすることって、もはや整備と呼べないのでは?と驚くやら、あきれるやら。


メーカーの指示通り、部品生さんに骨を折っていただき、必要な情報をそろえて、今日部品を手配することができた。


自分の無知、無関心を痛感した。


反省…


日々是勉強也。
posted by とし at 01:11| Comment(0) | 今日の出来事

2011年01月08日

民主党政権の恩恵!?

実は、意外と知られていないのですが、昨年4月1日より、車検時に納める重量税がちょっとですが安くなっています。

本来目指していたのは、暫定税率の廃止だったのですが、それが叶わず、千円台より切り捨てでごまかされたというか・・・

〜1トン以下 ¥25,200が¥20,000

1トン〜1.5トン以下 ¥37,800が¥30,000

という具合です。


ちなみに、初年度登録より18年未満の車両がその対象となるので、今年は、1994年以降に登録された車が対象ということになります。


わずかではありますが、税金が安くなることはありがたいことで、ユーザーにとっては、歓迎すべきことでしょう。
posted by とし at 00:54| Comment(0) | お知らせ

2011年01月05日

今年もよろしくお願いします。

今日から営業開始です。

今年もよろしくお願いします。


ブログのタイトルも一新しました。

もっともっと、いろんな乗り物に注目してもらいたいという気持ちから明快な(少なくとも本人はそう思っている)タイトルにしました。


今年は、大きな大きなイベントを控えていまして・・・

目下のところ、計画が進行中です。

それによって、大きな壁が次から次へと・・・


壁は、乗り越えられない人の前には現れないとも言います。

その言葉を信じ、今年もがんばります。
posted by とし at 16:42| Comment(0) | 今日の出来事