2011年01月12日

21世紀の車って…

お恥ずかしい話ですが、

さかのぼること年末・・・

某T社のミニバンのインジェクタークリーニングをしました。

不慣れな車種に、経験不足の私。

凡ミスで、コネクターのパッキンを破損しました。

新調してお客様にお返ししなくてはいけないので、すぐ業者へ手配。

年が明けて、すぐに部販へ問い合わせてもらったところ、なんと、部品供給設定なしエンジンハーネスそっくりのみとの返事が!?

そんな馬鹿な!?ありえない。

調べてもらうと、何とメーカー確認の、緊急供給のみとのこと。

すなわち、純正部品としての番号設定がない。

これにはさすがに驚いた。こういった細かいパーツは、作業中の不慮によって、破損、紛失してもおかしくないもの。

現行車なのに、それすら供給がない。


この流れで考えると、基本的にエンジンの周りは何事もするな、ということなのだろう。

今の車って、本当に何でもユニット交換で、整備士のすることって、もはや整備と呼べないのでは?と驚くやら、あきれるやら。


メーカーの指示通り、部品生さんに骨を折っていただき、必要な情報をそろえて、今日部品を手配することができた。


自分の無知、無関心を痛感した。


反省…


日々是勉強也。
posted by とし at 01:11| Comment(0) | 今日の出来事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。