3/7更新  休業日  3 月10日

2011年01月19日

遂に完成

さまざまな問題をクリアしながら、ゆっくりと進行してきた、114のハイドラガスユニットのリビルトですが、やっと!完成いたしました。

1号は、もちろん私の114。何かあってはいけないので、テスト車両ということで。

CIMG1786.JPG長い間、馬をかけられ、足回りをばらされ、放置状態でも、頑張ってくれました。

まだ、外に出していませんので、ほこりまみれです。

















2号は、当店の常連さんでもあり、今では友人でもある、千葉の114GTiさんの114です。
CIMG1785.JPG

当然外観からでは、判別できません。

ですので、作業していて気付いた事を書きます。

まず、フルードを注入し、規定の車高になったときの圧力が、ガス抜けでダメになったユニットの時よりも減少しています。

ハイドロポンプの圧力計も、マニュアル通りの動きをしています。

これを見たときに、なおっていることを確信しました。

ガスが圧縮され、ボディを持ち上げているためで、圧が下がっている分当然ユニットに対する負担も減り、乗り心地も良くなります。

ボディを押しても、ほんわかする感じが分かります。


そういえば、新車の時ってこういう感じだったよな〜  などと思いだしながら一人でほくそ笑んでいました。



しかし、2台を比べると、結果に差があります。

おそらくは、私の114の車高が、基準値に20mmほど足りないこと。

そして、ショックアブソーバーが違うことが考えられます。

しかし、今回リビルトをし、ガスの再充填に必要な1Gのときのユニットのガス圧というのもデータが取れ、再充填の時に取り外さなくてもよくなります。

仮に今後ガス抜けが起こっても、再充填の際には、車上で、車高調整と同じように作業ができます。

そのように考えて作りましたから、ユニット本体がだめにならない限り、快適に乗り続けることができます。


実際に乗ってみて。

工場から道路に出るときの縁石をこえるだけで、違いが分かります。

加速してみます。ノーズを上げ気味に、でもリヤが踏ん張って進む感じは、まさに新車の時のそれ。

道路の細かいギャップもボディへの影響を最小限に通過します。

スラロームすると適度なロールと、しなやかなサスの動きが感じ取れ、運転がとても楽しくなります。



いざ、完成してできるのが分かると、欲が出ます。

ガスが充填できるということは、ガス圧、すなわち、ばねレートを自由にセッティングができるということです。

これは私にはとても魅力的で、自分のが再始動したときには、やってみたいと思います。
posted by とし at 19:56| Comment(1) | 今日の出来事
この記事へのコメント
こんにちは、おもちゃ箱店主様。

遅くなりましたが、114のエアフラガス・リビルトのインプレを。

施工後のインプレは、お店でもお話しましたが、

・段差を超えた際の衝撃が、緩和された。

・走行中の路面からの突き上げが、軟らかくなった。

・ハンドリングが、軽くなった。


先ず、段差を乗り降りした時のショックが、格段に少なくなりました。

以前は段差のキツイ所では、後輪が『バンッ…!』と響きました。

サスペンションが動いておらず、

後輪が段差を『降りる』のではなく、『落ちる』感じなのでしたが、

しかし施工後は、『ドスン…』という感じで、後輪が段差を降りて、

確実に足回りが、一発で衝撃を吸収している感覚があり、

音も車内には響かなくなりました。


これに関連していますが、

走行中に下からの突き上げる感じが、少なくなりました。

国道4号線や高速道路では、道路の繋ぎ目があり、

以前は、そこを通過する度に、『バンッ!…バンッ!!』とクルマが突き上げられました。

高速道路では、繋ぎ目を通過すると、ステアリングが一瞬軽くなり、

前輪が跳ねて、路面に接地していないのがステアリングから伝わって来ます。

しかし施工後は、かなり改善されました!

道路の繋ぎ目を通過すると、ショックはありますが、

『バンッ!…バンッ!!』と言った突き上げ感ではなく、

『ゴツッ…ゴツッ…』と静かに路面の感触が、ステアリングから伝わって来ます。

また、サスペンションがちゃんと働いてくれるので、

クルマが、バンバン跳ねなくなりました。


そして最後に、ステアリング切った時のフィーリングが、ガラッと変わりました!

ハンドリングが、軽いんです!!

今までも車高の調整で、基準値まで車高が上がると、

ステアリングが軽くなりましたが、

今回のそれは、次元が違うように感じます。


後輪のサスペンションが働いてくれるので、

車線変更でも踏ん張って、クルマの挙動を整えてくれます。

これによって以前よりも、アクセルをオンにするタイミングが、早くなりました!


これが114のオーナーさん達が言っていた、

『エアフラガスを採用する事で、一つ上のクラスの走りを体感できる』って事なのでしょうか!

とても満足しています♪

何やらバネ下のセッティングみたいな事もできる様なので、

まだまだ114、楽しめそうですね!


これからも宜しくお願いします!おもちゃ箱店主様!!
Posted by 千葉の114GTiです。 at 2011年02月19日 05:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。