3/7更新  休業日  3 月10日

2011年01月19日

ジュニアマウンテンカスタム Part2

前回は、子供に不評で、すぐに元の姿に戻ってしまったジュニアマウンテン。

今回、パナのマウンテンキャットを入手したのを機に、子供にそれを与え、残ったBSのジュニアマウンテンを自分の足代わりにするべく、また変態カスタムを敢行することに。

基本は、余っているパーツをできるだけ盛り込むこと。

前の姿はとばして、完成後の姿。
CIMG1783.JPG基本は、フロント20インチのファニーバイク化。

以前組んだホイールは、元に戻した際、すぐに手放し手元になかったので、新たに中古を購入。

どうやら、OLDが合わないようで、組み合わせて作り直した。

タイヤとチューブは、安い一般車用のものを新調。

クランクを長いものに変えているが、ハンドルを切った際、タイヤと足が当たるという不具合も解消。



CIMG1781.JPGブレーキキャリパーが当然届かないので、フォーク下に、ブレーキ用台座を延長した。

当然ながら、強度は安全面も考慮し、十分すぎるほどにしてある。

ブレーキシューは、ハンディバイク6についていたものを使用。




CIMG1782.JPGリヤブレーキは、バンドブレーキから、ローラーブレーキへ。

当然、スポークは組み直し。






CIMG1780.JPGライトも、ローラーが当たらなくなるので、取っ払って、ライトステーを利用し、マウントを製作、取付け。

無加工で、取り付けできるようにした。

LEDのライトも余りもの。

ちなみに、マウントの材料は、アイリスオオヤマ。




CIMG1774.JPGコンポも、全交換。もともと6速だったが、ミニベロレーサーを作った時に余った7速のものをそっくり移植した。

シフトケーブルは色味を合わせるつもりで、ゴールドに。






CIMG1777.JPGハンドル周り。

ステムのコンバ-ターを調達し、なんちゃってアヘッド化。

さらに、これまた調達したエクステンションでライズ。

ステムも、余ったものを使用。

ハンドルは、マウンテンキャットで使っていたもの。

グリップも、ミニベロの余りもの。

ブレーキレバーは、廃棄したママチャリからはずしておいたもの。




CIMG1778.JPG右側のグリップがレボシフト用だったので、ボタン式のシフターから、新調したレボシフターへ。

グリップエンドをくりぬき、余っていたバーエンドミラーを装着。






CIMG1776.JPGクランクは、もともと152mmの36Tが付いていたが、さすがにこれではきついので、ピクニカについていた165mm39Tに交換。

お気づきかと思うが、ピクニカはシングルで厚歯。

グラインダーで歯を削り落し、ナローチェーン用に加工。

BBは、もともとのものはもはや使用に耐えるものではないので、どうするかと思案していた時、マウンテンキャットのために新車はずしのクランクを買ったときにおまけでくれたカートリッジBBがあるのを思い出した。

長さを測ってみると、そのために用意したかのように同じサイズだった。

迷わず、交換。思いがけずグレードアップ。




CIMG1779.JPGシートポストは、子供にも使わせていたが、ロングタイプに変更済み。

シートは、子供のマウンテンキャットに移植したので、ミニベロの余ったシートを装着。

これで、街中の散歩程度は十分にこなせる大人が乗れるジュニアマウンテンになりました。


こんなことしながらイジるのを楽しんでいます。

今、ワンタッチピクニカをプチカスタム中で、部品待ちになっています。
posted by とし at 20:40| Comment(0) | 自転車

2010年08月02日

新店誕生

昨日、当店のほど近いところに、新しい自転車屋さんがオープンしました。

関東を中心に数十店展開しており、ついに宇都宮に出店してきました。

このお店はチームもあり、ロード、ミニベロ辺りは結構力を入れているお店という印象を持っており、結構期待しています。

さっそくお店を覗いてきましたが、正直なところ、まだまだ商品点数も少なく、これから、という感じです。

ただ、自分でメンテや、カスタムをする人向けに細かいパーツも販売してくれているので、私はとても重宝するお店になりそうです。

困った時に頼れるお店が近くにできたということは、とてもうれしいことです。

店長さんはまだよくわかりませんが、そこは、大きい会社の看板を背負った人、基準点はクリアしているはず。

子供たちの自転車も任せてよいと思います。
posted by とし at 18:00| Comment(0) | 自転車

2010年04月18日

エコクラシックに参加しました。

先週4/10、初めてエコクラシックに参加しました。

11月のエンデューロと比べ、かなり人が少ないのに驚きました。

毎回参加している人から言わせると、去年の倍ぐらいの人ということになるようです。

イベント自体が2日間あるので、人が分散しているということもあるようです。

おかげでのんびりと楽しい時間が過ごせました。

IMGP2317.JPG参加者には有名な人の顔も見えます。

IMGP2318.JPG







IMGP2311.JPGあのダースベイダー卿まで!







IMGP2321.JPGそして、われらが宇都宮ブリッツェンの廣瀬選手まで。

一緒に写っているのはうちの息子です。

スタート地点先頭での2ショット。



レース以外のイベントも、ゆっくり楽しめました。

レースも無事に子供と3人で完走を果たしました。(ファミリークラスというのがなくて残念ですが。)

しかし、抽選で何かもえらるというような参加者へのサービスがなく、それがちょっと・・・



posted by とし at 10:07| Comment(0) | 自転車

2010年03月06日

エンデューロレーサー完成

今年のエンデューロを戦うバイクがやっと完成しました。
実は、ただの部品交換では済まない泥沼にはまっていました。

ワークスタンドに挙げ、ホイールをはずし細部をチェックしてみると、フレームの寸法がでたらめで、そのままではどうにもならないことが判明。
フレーム修正を余儀なくされました。
アルミフレームなので、修正は少々勇気がいりましたが、安いアルミのメリットが出ました。やわらかいので、数回程度の曲げには耐えてくれそうです。

まずリヤエンド部。センターが出ていないため、無理やりエンドだけ曲げ、形にしただけのようです。
その為、まずエンドを元に戻し、ステーのセンターを修正しながら、リヤエンドの水平、芯出しをしました。
当然ディレーラーマウントのアライメントも狂っていて、それも修正しました。(エンド修正、ディレーラーマウント修正工具を買ったのは言うまでもありません)

結果、ブレーキのセンターリングもできました。

フロントフォークもまたしかり。
こちらは、フォーク溶接の際、取付け部を間違ったようで、片側が5mm前後方向にずれています。
そのせいで、フォークは横に傾き(フォークステムが斜めになり)、ホイールが斜めに回転しているということに気付きました。(どうりで、ブレーキの調整が左右対称にならないわけだ。)
フォークをはずし、万力でくわえ、パイプを突っ込みフォークのアライメントを整えました。
何とか形にはなったんですが、フォークの取り付け自体が寸法が狂っているので、どうしてもエンドの軸の水平だけは無理でした。しかし、ホイールの取り付けでそれは何とかなるので良しとしました。

CIMG1632.JPGこれがそれです。
以前のバイクの使用パーツはフレームぐらいですかね・・・
高価な中古パーツと、安価な新品パーツをかき集め、部品として入手できないものはいくつか作りました。
正直言って、本体価格と合わせたら、それでも安いロードレーサーが買えるぐらいになっています。(ちょっと泣)


CIMG1630.JPGハンドル:ドロップ
シフト&ブレーキレバー:SORA(STI)
ステム:50mm(子供に合わせるため)





CIMG1629.JPGクランク:ティアグラ165mm(子供に合わせるため)
チェーン:105
ディレーラー:SORA
BB:シマノ カートリッジ



CIMG1626.JPGブレーキ:Vブレーキからカンチに変更
Fホイール:シマノ完組ホイール用ハブ(20H)&Kinetixリムをラジアル組





CIMG1627.JPGCIMG1628.JPGRホイール:シマノ完組ホイール用ハブ(24H)&Sunrims M14Aリムをラジアルとタンジェントの変則組
カセット:アルテグラ
ディレーラー:SORA
タイヤ:シュワルベDURANO


CIMG1631.JPGシート:セライタリア
シート後ろのボトルは、センサー用に取り付け。実はこれもシートに干渉してすんなりはつけられず、ステーを一つ作って、無加工でホルダーを取り付けられるようにしました。



その他:スタビライザー(ブレーキブースター)前後装着
    サイクルコンピューター
    赤バーテープ(星のマーク入り)

バーテープの模様から、Lucky Star号と名付けました(笑)

少し試乗しましたが、軽量ホイールと、軽量高圧スリックタイヤの効果は絶大で、去年までのものよりはるかに走りが軽いです。
後は、トレーニングをしっかりして、エンジン強化をしなくては。

posted by とし at 13:12| Comment(2) | 自転車

2010年03月03日

TOYBOXフリーハブ

今年のエンデューロを戦うにあたり、去年できなかったことをこの半年間コツコツと、部品をかき集め、仕上げてきた。

その一つが、ホイール。
抵抗を少しでも減らしたいので、より細いタイヤにしたかったが、ほしいリムが手に入らない。(穴数や、金額面で。)

ほしかったのは、極細のリムで、穴数がフロント20H、リヤ24hというもの。

うまい具合に、ハブは手に入った。シマノの完組ホイールのハブ。
通常は、ハブだけでは売っていない。
この辺りは、中古品の恩恵を受けている。

しかし、リヤのOLDが合わない。ロード用なので、130mm。ミニヴェロは、135mmである。

そこで、先日購入したシマノのパーツカタログの出番。
ハブをばらし、同じ構成部品のハブを見つけ、そのハブの部品を調達。そして、組み立て。

CIMG1624.JPGこうしてできた、オリジナルのフリーハブ。

当然見た目は変わらない。幅だけだから。
オリジナルのステッカーがはがされていて、まっ黒というのもさみしいので、手持ちで何かないかと探したら、だいぶ前にサンプルで作ったうちのステッカーがちょうどよくはまったので、それにした。

レインボーカラーだから、見た目も派手で個人的には気に入っている。

これをいよいよリムと組み合わせる。カラースポークで。

フロントの20Hリムは、やっと手に入れることができた。

明日お店に取りに行こう。
posted by とし at 19:41| Comment(0) | 自転車